アオヤギさんたら読まずに食べた

インターネットで書いたことや考えたことなどをまとめます

IBMのツイート性格診断が(またちょっと違う方向性で)面白いことになっている

IBMのWatsonを使ったツイート性格診断が話題になってます。この診断自体は前からあったものなのですが、ブロガーのイケダハヤトさんが取り上げたりバズったツイートがあったりして、再びいろんな人がお試しで診断をしています。

www.ikedahayato.com

 

実際に私も診断してみましょう。Twitterと連携し、ツイートを取得し文章から性格を診断してくれるようです。こんな結果が出ました。

f:id:ao8l22:20180315145243j:plain

f:id:ao8l22:20180315145244j:plain

「自己表現につながる体験を好む」にそうかもな~と思ったりとか「誠実性高すぎw」とか「意外と快楽主義じゃなかったw」とか面白いですね。当たってるかも!とか思っちゃいました。

他の人の結果ってどうなんだろう?と思うじゃないですか。

 

 


 

 (「IBM 診断」でTwitter内検索して見つけたツイートを引用しています)

 

これ、みんな同じ結果が出てる!!!!

 

イケハヤさんの記事や、20時間前くらいに診断した人のツイートでは、違う結果(それぞれに合った数字)が出ているので、おそらくAPIなどの関係やなんらかの問題でツイートを取得できなくなっているのだと思います。その結果、ツイートを取得せずに分析=同じ結果が出るようになってしまっているのでは。

面白いのは、みんな趣味や職業はバラバラなはずですが、だいたい一様に「当たっているかも」と思っているところ。まあいわゆるバーナム効果なのですが、ちょっと今回はより面白いな~と。

「IBMのWatsonを使った分析である(=ちゃんとしてそう)」

「(もし他の人のツイートやブログを見たあとなら)○○さんとは違う結果が出て面白い(=一緒だと気づかない)」

「Twitterとの連携画面が出ているので、きちんとツイートが取得されている感じがする」

「診断結果がちょっと嬉しいことが書いてある(分析好き=頭がよさそう、情に厚い=いいやつそう)」

…などなどの要因で、普通の占いよりも「私のことを分析してくれている!」と思ってしまうよなーと。私は友人にLINEで「やはり私は誠実だったか…」ってメッセージ送っちゃいましたからね。

 

ツイート取得して分析できるようになったらまた診断してみようと思います。誠実性が下がりそう。