アオヤギさんたら読まずに食べた

インターネットで書いたことや考えたことなどをまとめます

読んでよかった2021年6月

2021年6月に読んで(見て)よかったものを順不同で紹介します。今月は映像の話多め。TL(ティーンズラブ)は「よかった」が別軸なので下の方で別にまとめております。

 

AKBコンサート「峯岸みなみ卒業コンサート~桜の咲かない春はない~」

 

アイドルグループAKB48最後の1期生、峯岸みなみさんの卒コン。これ友達が現場に行っていて、メチャクチャ興奮するツイートをしていて気になっていたのですが、そのあと17liveアプリで無料配信をするというので思わず見ました。本当は5月29日くらいに見たので6月に出会ったコンテンツじゃないんですがほぼ6月ということで……。

90年生まれの自分にとってAKBはかなり特別なアイドルグループで、好きにせよ嫌いにせよスタンスを表明しないといけないような、そういう存在でした。私は最初は「なんなんだ?」と思っていて、フライングゲットあたりからシングル曲を追うくらいのライトなファンをやっていました。ある程度まで総選挙トップ30~50くらいの子は全員わかっていた。悪しきカルチャーですがまとめブログなどもよく読んでいた。

ただ初期メンバーが次々と卒業するにつれて自然と追いかけなくなっていて…という状態だったのですが、峯岸みなみことみぃちゃんの卒業コンサートは、そういう私のようなマジョリティ(昔はテレビで追ってた、今は全然)という人たちに、卒業したOGをフックにしての「今のAKBを見て!」というメッセージを投げかける“継承”のイベントという意図がバリバリに伝わってきて、覚悟と矜持を感じてシビれました。

翌日にやった単独コンサート「17LIVE presents AKB48 15th Anniversary LIVE AKB48単独コンサート ~好きならば好きだと言おう~」も完全に継承と宣戦布告のコンサート。前日のみぃちゃん卒業コンサートは同時無料配信もしていたのですが、そこで興味をもった新規に向けて「俺を見ろ~!!」とやるやつでかっこよかった。

あとこのコンサートを見たのを機に、メンバーのYouTubeチャンネルも行脚しました。一番見たのはゆきりんこと柏木由紀さん。みぃちゃんやOGのチャンネルはもちろん、現役の中核メンバーが集まっている「ゆうなぁもぎおんチャンネル」も見ました。

中でも一番よかったのはこのゆきりんの動画。

www.youtube.com

いや~~素晴らし~~~~ゆきりんがいまこのタイミングでAKBに残っている奇跡に感謝せざるをえません。

 

劇場版少女☆歌劇レヴュースタァライト

 初見なので「レビュー」になってる。わかりますね。

これはTwitterタイムラインで非常~~~に評判がよくて、シリーズ見てないけど古川監督だし信用して行こう…と思ったらあまりにもよくてひっくり返った。最後のほう超泣いて、これはド傑作だ…と確信をもって映画館を出ました。そんでもってコミカライズを読んだりテレビシリーズ全話見たりロンドロンドロンド(TVシリーズ総集編+新規映像)見たりで追いかけて、映画館で感じた感動に理屈が追いついた感じがします。

作品がわかる/わからないという話はまあだいたいナンセンスなことが多いと私は思っているのですが、ざっくり言うと「事前知識がないと楽しさを享受し損ねる」作品が「わからない」ということなのかなと自分の中で置いています。それでいうと劇場版スタァライトは確かに受け取れる作品でした。もちろんTVシリーズを追ってきた人への感謝の作品でもあるので、TVシリーズを見てきた人のほうが受け取れるものが多いのは確か。でも劇場で見ることが非常に重要な作品なので、「TVシリーズ全部見ないとダメかな…」と思っている人には「大丈夫だよ!とりあえず見てきて!」と背中を押してあげたいです。そういう「初見でも大丈夫」。 

 

ちなみに7月上演の舞台新作のチケットもゲットできました。ウキウキと見に参る予定…(緊急事態宣言、大丈夫なのか…と思いつつ…)。

 

劇場版 Fate/Grand Order ‑神聖円卓領域キャメロット‑ 後編 

 これまでの「FGO」映像化の中でもっとも素晴らしい作品だったのではないでしょうか。奈須さんが後編公開時に竹帚日記を更新して興奮を語っていましたが、そうしたくなる気持ちもわかる。

FGO」というかTYPE-MOON作品は実は相当メディアミックスが難しいと思っていて、それは「ゲーム」という形で最適化された物語体験だからです。ゲームと同じような展開をアニメ作品(TVシリーズ、映画)にすると、原作が好きであれば好きであるほど違和感を覚える。それはたぶん主人公(藤丸)はゲームでは=プレイヤーですが(少なくとも操作の上では)、アニメでは「キャラクター藤丸」になっているからなのではないかなと。

キャメロットは原作ゲームの中でも屈指の名シナリオですが、後編ではかなり戦局が整理されています。ゲームではプレイヤーVS円卓の各個撃破を順番にやっていたところを、劇場版では同時進行の味方陣営VS敵陣営の個人戦になっています。

FGOはゲームという性質上、「プレイヤーの物語」ではなく、「プレイヤーが接しているキャラクターの物語」を描くのがうまいと感じています(それがアニメだと「プレイヤーキャラクターの物語」に見えてくるので違和感を覚えるプレイヤーもいる)。キャメロットでは、プレイヤーは藤丸立香(私たち)ですが、物語の核になる役割はベディヴィエールが担っています。というのが、劇場版ではバトルが整理されたことでよりはっきり見えて、ベディと王の物語として見ることができました。ある意味、劇場版を見ることであらためて「キャメロットってこういう話だったんだなあ」と理解し直せたところがあります。素晴らしい映像化でした。

 

ブランクスペース

 友人が勧めてくれた漫画。ちょっと変わった女の子と、地味だけど実は大きな秘密を抱えている女の子の友情物語――と思って読み進めていくと作品のジャンルがぐらっと変わるような展開があり、つまり友情物語ではなく友情で彼女を止める話になるということが見えてくる1巻。独特の緊張感があってよいです。

 

アクロイド殺し

 はるか昔にネタバレを踏んでいて(というかもう常識みたいに言われていて)、だからこそまあ今は読まなくても…とあとまわしにしていたのですが、あとまわしにしたのをフツ~に後悔するレベルの傑作でした。みなさんこれが傑作なのはご存じだと思いますが…。

もしネタバレ人生で踏んでない状態だったらマジで今すぐ読んでほしい。ちなみにこれは毎月やってるミステリ読書会の課題本のうち一冊(アクロイド殺し十角館の殺人、七つの海を照らす星)だったのですが、その参加者の半分がまだネタバレを踏んでない人で、「ぜんっぜん気づかなかった」と正直な感想を聞けて楽しかったです。

 

6月は突然ムーンライトノベルズドハマリ期がやってきて、長編23タイトルくらいを一気読みしていました。ランキング中心に読む→好きな作家さん見つけたらその方の作品をさかのぼって読む、みたいな読み方をしてました。

主にハマっていたのは「影の英雄の治癒係」の浅岸久さん、「夜這いを決意した令嬢ですが、間違えてライバル侯爵弟のベッドにもぐりこんでしまいました」の茜たまさん、「セフレ魔術師に求婚したら内乱罪で逮捕された件」の犬咲さん。最近、ピュアな青年やちょっと幼さが残るけど頑張っている(少年から青年に成長しようとしている)男の子とかが好きになってきて、アラサーだから…ってコト!?ってなってます。

読んでよかった2021年5月

気が付いたら7月になってたけど全然気にせず5月の話をするぞ!

2021年5月に読んで(見て)よかったものを順不同で紹介します。TL(ティーンズラブ)&BL&エッチなやつは「よかった」が別軸なので下の方で別にまとめております。

 

消えたママ友

 

 野原広子さんは「妻が口をきいてくれません」も話題になりましたが、ぎくしゃくして戻らなくなる家庭や家庭から生まれる人間関係をメチャクチャ怖く書く作家さん。「ママ友がこわい」シリーズも本当に怖い。

 

 かんかん橋をわたって

 

 これはオススメの漫画を教え合ってる友達が「青ちゃんかんかん橋読んでる?」と言って、読んでない…読みたいと思ってた…読むゥ~!!ということで読んだ(定期的にタイムラインでかんかん橋が盛り上がってる)。嫁姑バトルの話をしていたと思ったらいつの間にか話がドライブして町を取り巻く陰謀の話になっていくという…最後バトル漫画みたいでかっこいい。

 

ハコヅメ

 

 これも「面白いのはわかってるんよ」という気持ちで、GWを機に一気に読みました。マジで面白い。ここ数カ月声を上げて笑ったのは「ハコヅメ」とあとこのあとに紹介する「女の園の星」2巻です。

「ハコヅメ」はちょっとミステリぽい展開があるんですが、ミステリの文法に沿っていないのでけっこう意外な読み味になっていてその辺の演出も面白い。6月に出た最新刊では最後の晩餐からの未来の川合ときて「この漫画はどこに我々を連れていく気!?」となった。ドラマも録画してます楽しみ。

 

女の園の星(2)

 

 

 

 小林先生がどんどん好きになってしまう。こないだ先輩に「小林先生に性的なまなざしをむけてしまう」と話したら「全然わからん」と言われたけどなんかこうリア恋みたいな気持ちがかきたてられてしまう、小林先生はもちろん私の存在はアウトオブ眼中なんすけどネ……。

 

Papa told me

 

 

 

 

 

 

 期間限定無料キャンペーンをやっていて10巻まで一気読み。期間限定無料だよ~というツイートがバズったのをきっかけにいろんな方のPTM語りを読むことができてよかったです。大人になった今読んだからこそ適切な距離が取れるタイプの作品でした。

 

ティーンズラブ:次に会ったら抱くって決めてたので。再会した初恋の彼が猛獣化したら…

 

 1話を読んで「同意の話をしてるTLだ!」と印象的だったTLが単行本化。けっこう早い段階でお付き合い関係になり、「人生どうする?」というカップルの選択の話を(エッチなことをしながら)描くので、プチコミ系が好きな読者さんにも読まれそう。

 

BL:世界一初恋 16

 

 

 私Twitterやりたての2012年ごろからずっと世界一初恋のはなしをしている。世界一初恋は6巻で告白イベント(主人公がヒーローに思いを告げるシーン)がありつつ、雨音でかき消されるというメチャクチャすごい邪魔が入り、そこからほぼ10年かけてようやく両想いになりました。大ニュースだと思う一方で「告白」「両思い」という響きにたぶん10年前のほうが興奮できた気がする……!

 

アダルト同人漫画:彼女のスマホを覗いただけなのに

FANZA専売。「このR漫画をスマホで読みたい!2021」を受賞しました。デバイスとR表現の工夫が光るし女の子の質感がよい。NTRが苦手じゃなければぜひ読んでほしい。私の天沢聖司くんこと山田海さんもオススメレビューを寄せていました。

入社6年目で初めて企業型DCの見直しをした話と、新入社員の人に伝えたい2つのこと

今回のエントリのまとめを最初に書いておきます!

  • 新入社員の方、もしあなたの会社が企業型DCを導入していた場合、初期設定の「元本確保型」や「定期預金」といった金融商品ではなく、できれば海外の株式などを扱った金融商品を選択するのがオススメです。
  • マッチング拠出は確かにお得ですが、人生には現金が大事なタイミングがあるので、支出と収入のバランスが自分なりに安定してから考えるのがいいです!

 

会社員をやっています。弊社は退職金制度がなく、代わりにといってはなんですが企業型DC(確定拠出年金)が導入されています。

企業型DCとは、毎月会社が従業員の年金口座で一定額分の定期預金or金融商品を積み立て購入するもの。60歳までは引き出すことができないのと、従業員が運用できる(年金口座内で金融商品を購入できる)、利益が出た場合は非課税というのがポイントです。転職するときは、転職先が企業型DCを導入している場合は持ち運べ、していない場合は個人型DCに移します。

この企業型DC、私は入社時に書類をもらったときは「ほ~ん(わかってない)」という感じでした。まず「企業型DCってなんやねん(思考停止)」。かつ「運用ってなんやねん(ほけ~)」という状態。金融商品を選ぶ際は、よくわからないのでデフォルトの「あおぞらDC定期預金」を選択していました。あおぞらDC定期は元本確保型の定期預金なので、年利は0.01%とほぼ増えませんが元本割れすることはないと書いてあるし、まあいいか……と。

そこから約5年、企業型DCの存在をほぼ忘れており、1年に1回やってくる運用記録(淡々と積み立てられているが特に増えもしない数字)を受け取るときと、「イデコ……ってやつが、あるんでしょ!?」と問い合わせてそのままよくわからなくて放置(企業型DCとiDeCoが両方入れるかどうかは人事に問い合わせなきゃいけない)するときしか思い出さない日々を送っていました。

今思えば……別に減ったって(会社が出している金なので)痛くないわけで、ここで海外の株式かなんかの金融商品を選んでいればよかったのですが、過ぎたことを言ってもしょうがない……

 

ここで新入社員の人に伝えたいこと1!

もしあなたの会社が企業型DCを導入していた場合、初期設定の「元本確保型」や「定期預金」といった金融商品ではなく、できれば海外の株式などを扱った金融商品を選択するのがオススメです。

企業型DCは金融商品を積み立てていくわけですが、同じように一定額を積み立て購入していく積み立てNISA的なものとは違い、途中で現金化ができません。スイッチング(購入している金融商品Aを別商品Bに切り替える)はできますが、それが指定できるタイミングはかなり限られていて、個別株やビットコインのように「安値で買って高値で売り、差額で利益を出す」ことはできません。考え方としては「将来成長が見込める金融商品を買っていって、そこの商品が成長したら利益が出る」というものです。

これはよく言われていることですが、日本と海外(先進国&新興国)の株価指数を比較すると、日本はほぼ横ばい、海外は伸びています。これから先のことを考えても、日本が諸外国と比べてもドカ~~ンと大きく経済成長するイメージは湧かないのではないでしょうか。

(↓その辺の話はこの本がすごくわかりやすかったのでオススメ。以前はアンリミに入ってたけど今はアンリミ入ってないようです↓) 

 もちろん爆下がりのリスクはある(コロナで株価が大変だったとき、海外株で全部運用していた人は一時的に元本割れしたという話も聞いた)のですが、元本確保型の商品を選択しているとほんと~~~~~に増えず、企業型DCの「運用できる」というメリットを捨てることになります。なので最初の1年くらいはよくわからなくてもなんらかの海外株インデックスのようなものを購入してみて、1年後の運用成績を見て調整するのがいいと思います。マネフォなどとも連携できるので、気が向いたらアカウント連携するのもちょっとうれしくなるかも。

私はブログエントリのタイトルにあるように、入社6年目で初めて「あおぞらDC定期」から外国株式インデックスにスイッチングしました。さっきも書きましたが1年目からこれを選んでいれば……と捕らぬ狸の皮算用してしまいましたね。

 

そして企業型DCにはもうひとつ、「マッチング拠出」という仕組みものがあります。企業が出してくれる掛金額は企業によって基準が違い、定額のパターンや給与比例のパターンがあります。この掛金額は最大5万5000円と決まっています。(※弊社は給与比例で、1万円前後からのスタートだった気がします)

マッチング拠出とは、この5万5000円の枠内で、さらに追加で従業員が金を出して積み立てることができるというもの。会社が出している額が2万7500円以下の場合はそれと同額まで、以上の場合は5万5000円の差額を出せます。

たとえば会社が毎月2万円を積み立ててくれている場合は個人は2万円まで、会社3万円の場合は2万5000円までということですね。

このマッチング拠出のメリットは、そこで拠出した金額が全て所得控除の対象になる(=住民税、所得税を減らせる)ところにあります。たとえば月に2万追加で掛金を自分で出した場合、60歳以降のいわゆる老後資金を年に24万円貯めながら、24万円分課税対象になる所得を減らせます。

デメリットは「60歳まで現金化できない」こと。年に24万円貯金していたら、いざとなったときにすぐに引き出して使うことができますが、マッチング拠出をしている場合は60までは触れないです。しかもマッチング拠出の額を変更できるのは年に1~2回で、「今月は2万円、来月は大変そうだから1000円」みたいな弾力的な変更ができません。

私は今年4月、変更できるタイミングでマッチング拠出をできる限りの満額に設定しました。…が、新入社員の人に伝えたいのは、これは↑↑↑とは違って、今すぐにはやらんでいいかもしれない!

 

これが伝えたいこと2~!

マッチング拠出は確かにお得ですが、人生には現金が大事なタイミングがあるので、支出と収入のバランスが自分なりに安定してから考えるのがいいです!

私は会社員になってからずっと収入と支出のバランスがとれておらず、貯金がほとんどありませんでした。ある日突然「あれ…お金のことを考えるの、アレルギーなくなったかも…」と天啓が下りてきてからバランスが取れるようになったのですが、それ以前はもうぐだぐだでした。

そんなタイミングでマッチング拠出なんてやっていたら、「やばい!今月2万たりない!」みたいなことが続出していたように思います。老後じゃなくて今経済危機だよ~…ってコト!?(コクンッ)

自分の月々のキャッシュフローの中で、まずは貯金を作る(月収3カ月分くらい/これがあると体調を崩して休職してもある程度踏みとどまれます)、貯金が安定してできるようになったらNISAなどをやってみる、というふうに段階的に改善していって、このキャッシュフローから1~2万くらいのまとまった額が触れない形でなくなっても1年は大丈夫だな……という肌ざわりを得られたら、マッチング拠出は確実にお得ではあるのでオススメです。逆に言えば貯金を作っていく中でだんだんお金のことがわかってくるはずなので、わかってから検討してもよさそうです。

 

最後に、新入社員じゃないけどずっと企業型DCを放置している人、そして定期預金型商品を選んでいる人! もしかしたらパスワードとか加入番号とか忘れてるかもしれないけど加入番号はメールボックス漁ったり人事に聞けばわかる可能性が高い! パスワードはだいたい再発行できる! だからできるだけ早く見直ししましょう。企業型DC、こわくないよ…(ナウシカ)。