アオヤギさんたら読まずに食べた

インターネットで書いたことや考えたことなどをまとめます

「仕事はけっこう楽しい」ということを言ってもいい気がした

就活生向けのトークイベントの取材に行って、けっこう「え~!」となった。「周りの社会人で楽しそうな人がいないので、仕事に対してポジティブなイメージが持てない」と思っている就活生が少なくないらしい。

↓このイベントです。

www.itmedia.co.jp

それから米国の調査団体によると、日本で「仕事への熱意が高い」人は全体の6%にすぎないという。それも「え、ま、マジで!?!?」と思った。まあ周りにつまらなそーに仕事をしている人がいないわけではないが、そっちの方が少数派で、だいたいみんななんやかや楽しそうに仕事をしているので。

「え~!」と思ったので友人のNさんやTさんと話をしたのだが、2人とも「いや、仕事、楽しいっすよね」と話していて、やはりそうだよねと思った。仕事がしんどいときはあり、まあそれはだいたい自分の力が足りずグダグダになっているときで、そのときは本当に消え去りたくなるのだが、そうじゃないときは楽しい。というか仕事の楽しさとしんどさは裏表である。でも「なんか仕事が楽しいっていうと社畜感出ますよね」「意識高く見えがち」「まだ若いのにイキリ感が出る」という話もした。「大したことしてないくせに」と思われるのではないかという不安もある。「楽しい!」よりも「楽しくない」のほうが発信するのは楽なのは違いない。

でもまあそういう自分を守るふるまいが「社会楽しくなさそう」と思われるのであれば、楽しいところをちょっとは言ってもいい気がしてきた。以下、私が思う「仕事の楽しさ」です。

(1)レベルアップファンファーレが鳴る瞬間がある

できないこと、やれなかったことができるようになる瞬間があり、そのとたん頭の中にファンファーレが鳴り響く。多幸感にあふれ、「もしかして自分は天才なのでは?」と思う。

(2)要領がよくなる瞬間がある

↑にも似ているけど、同じことをやっていても、「あっ前と比べて要領よくなったわ」と思う瞬間がある。「もしかして自分は天才なのでは?」と思う。

(3)働いている人との会話が楽しくなる

学生の時、サークルの飲み会などで社会人と同席しても、何を話していいのかわからなかった。まあ何もしていないので話せる中身がないのだ。でも今は(今も話せる内容がそこまであるわけじゃないんだけど)働いている人の話を聞くと「ほーそんなことが」となって会話が面白くなるようになった。まあゴシップとか悪口で盛り上がることも多いけど、それよりも今やってる仕事の話を聞いた方が楽しい。

(4)金

学生の時より安定した金を得られているので、精神衛生上安定する。特にオススメなのは稼いだ金を8000円ほど使い月に1回家事代行サービスを利用すること。家事代行のスタッフさんには水回りをやってもらい、その時間自分はリビングを掃除したり溜まっている仕事を片付けたりするといっぺんに心のつかえがとれてQOLが爆上がりする。というのは余談です。

(5)人間

学生時代ってめちゃくちゃ同質の人間がそろっているので、仕事をしていると「いろんな人がいる!!!!」と驚く。「こいつとは普通に生きてたら絶対に知り合わなかったし会いたくなかったわ」という人と出会う代わりに「普通に生きてたら絶対会えなかった…」と感謝するような人とも出会う。たぶんいい仕事ができていたり、自分に適した仕事をしているほど、後者の人と出会う確率が高まるように思う。

 

スーパー意識高くなってる感じで恐縮ですが、同時にこの楽しさって曖昧に訪れるやつで、常にシャキシャキしていなくても仕事ってけっこう楽しい気がするということも書いておきたいです。「曖昧に楽しさを味わう」を今年のスローガンにしたい。最後に意識が曖昧になる本をオススメしておきます。

縄文人に相談だ (縄文ZINE Books)

縄文人に相談だ (縄文ZINE Books)

 

 とにかく曖昧に生きていき、意識が明瞭になったら「これは弥生以降の人間の悪癖だな…」と認識して曖昧に戻りたいと思います。

2018年1月で面白かったエンタメ5選

これから毎月まとめていこうと思います。そのひと月で面白かった小説、本、マンガ、映画、イベント、ゲーム、アクティビティ、その他もろもろ、エンタメっぽい要素があるものを5つ選んでいきます。順不同です。年末にまとめるための備忘録ともいう。

 

【1】リアル脱出ゲーム「沈みゆく豪華客船からの脱出」

SCRAPのイベントスペース「東京ミステリーサーカス」でやっているリアル脱出ゲーム。全ての要素が無駄遣いされることなくハマっていて(それはSCRAPの脱出ゲームはだいたいそうなんですけど…)、ストーリーやキャラクターで感情移入をさせた上で謎解きが進むのがいい。あと「これどうやって実現させてんだ!?」みたいな仕組みも多く、すばらしいです。

realdgame.jp

無事に脱出できたのがうれしい!詰まらないで謎解きできるとけっこう時間が余るのですが、詰まるとかなり大変だったと思う…。

 

【2】清武英利「しんがり」

 山一證券の破綻を書いたノンフィクション。なぜ山一は破綻したのか? どうやって巨額の負債隠しを成し遂げたのか? 誰が原因を作ったのか? という、めちゃくちゃ良質なミステリでもある……。

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)

 

とにかく文章と構成がうまくて、もちろん及ばないのは当たり前なのですが、もうちょっと文章がうまくなりたいと思わせられました。というわけで1月後半からはちょっといろいろ(仕事において)文章を試している。気持ちとしては、普通に書いている状況から、一段階ちょっと無理して文章を書いています。 これが定着できるようになるといいのですが。

 

【3】「勝手にふるえてろ」

松岡茉優さまが最高だった……。

note.mu

noteでも感想を書きました。本当に最高だった……。

 

【4】銀山温泉&蔵王旅行

事の起こりはねとらぼの記事を見て「ア~~~~ッ行きたい~~~~!!!!」となり、偶然にもキャンセルが出たかなんかで宿が空いてたんで、滑り込みで行くことにしました。東京から三時間半くらい。めっちゃよかったです。

ねとらぼ記事→

nlab.itmedia.co.jp

そもそも写真を撮る気で行ったのでめずらしく一眼持って旅行に行っているという……。行ったら非常に楽しくて、しかも外国人観光客でにぎわっていたので、「お!!」と思い自分で記事も書きました。けっこう読まれています。

www.itmedia.co.jp

旅行代は特に経費では落ちない。その後蔵王にも行ってあまりの寒さに翌日腹を壊しましたがでも最高でした。冬の東北ってすごい楽しいと思う。寒いけど。

f:id:ao8l22:20180113174101j:plain

f:id:ao8l22:20180114103844j:plain

f:id:ao8l22:20180114151112j:plain

f:id:ao8l22:20180114151153j:plain

いいよね…(いい…)

 

【5】ポプテピピック

こういうフルスイングができる大人になりたい。

 

【番外編】コインチェックNEM強奪事件

あまりにも面白かった。まさか580億円相当を盗られるなんてことが一企業にふりかかるとは……。3億円強盗事件の何倍だよ!クリエイターの知り合いが「現実に想像力が負けてしまった」とヘコんでいたのが非常に印象的でした。

1月3日ハロコン「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2018 WINTER ~FULL SCORE~」感想

1月3日、今年初めてのアイドル現場はハロコンでした。ハロコンはこれまではライブビューイングでしかいったことがなくて、現場を体験するのは初めて!ハロプロ20周年を記念した「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2018 WINTER」というツアーで、「PERFECT SCORE」と「FULL SCORE」という2つのパターンが展開されるようです。私が行ったのは「FULL SCORE」公演のほう。

f:id:ao8l22:20180106160319j:plain
私はハロプロでは娘。が好きなのですが、ハロプロ全体の曲はあまり知りませんし、知らないメンバーも多いです。でもハロコンめっちゃ楽しかった~!

 

【聞けてよかった曲】

・モーニングコーヒー
「モーニングみそ汁」は(記者発表の)現場で聞いたことがあったのですが、やはり本家も聞いてみたかった。めっちゃいい曲ですよね…。

・就活センセーション
つばきファクトリーのアイドルたちが就活っぽい恰好をしながら踊り歌う曲。℃-uteの「The Middle Management~女性中間管理職~」もスーツ姿でアイドルが激しく歌い踊る曲で好きだったので、私はアイドルが女子スーツ着ているビジュアルが好きなのかもしれない。ちょっとフェチっぽいですよね。

 

就活センセーション/笑って/ハナモヨウ(初回生産限定盤SP)(DVD付)

就活センセーション/笑って/ハナモヨウ(初回生産限定盤SP)(DVD付)

 

 

・念には念
この曲めっちゃ大好き~! こぶしはいろんなことがあって大変で、しかも3日はインフルエンザで和田桜子さんがお休みだったため、4人でのパフォーマンスになっていました。でもすごい迫力だった。浜ちゃん(浜浦彩乃さん)が足が長くてすごく目を引くんだよなー。れいれい(井上玲音さん)もものすごい手足が長いのですがメッチャ細くてややドキドキする…。

・大器晩成、ドンデンガエシ
この曲めっちゃ大好き~!(2回目) グループ内で一番好きなあやちょ(和田彩花さん)がインフルエンザで休みだったので他にぐっとくるメンバーをガン見しよう…と思っていたら、佐々木莉佳子さんと上國料萌衣さんにガッツリ目を奪われました。かみこはなんか加入したばっかのような印象があったんですけど歌もダンスも中核メンバーですごい。りかこはあまりにも好み。もっとメイク濃くしてくれてもいい……。 

佐々木莉佳子 ファースト写真集 『 RIKAKO 』

佐々木莉佳子 ファースト写真集 『 RIKAKO 』

 

(りかこの顔は女オタにモテそうだなって常々思っています) 

・誤爆~We Can't Go Back~
知らない曲だったのですが超いい曲だなって思いました(ボキャ貧)

・この地球の平和を本気で願ってるんだよ!
やっぱりつんく曲の圧倒的なハッピーさって世の中を救っていると思うんですよね。小田さくら様はいつも最高だし生田衣梨奈さんと飯窪春菜さんは異常にスタイルがいい。あと尾形春水さんは集団の中にいたときにハッと目を引く顔立ちをしている…(「拝啓、ハル先輩!」を非ドルオタのオタクに見せたら「この子が一番かわいい」と言っていた)。加賀楓さんはなんか女をこじらせた沼に連れていくポテンシャルを持っている女だと思う。 

(小田さくらもけっこう女を沼に突き落とすタイプの女だと思う)

モーニング娘。'17 誌上ドラマ 『 拝啓、ハル先輩! - 東麻布高校白書 - 』

モーニング娘。'17 誌上ドラマ 『 拝啓、ハル先輩! - 東麻布高校白書 - 』

 

(すごい百合です) 

そして野中美希ちゃん、見るたびに歌もうまくなってるし顔も可愛くなっているのですごい。行く末が(いい意味で)怖い。

 

【気になったメンバー】

せっかくのハロコンだしこれまで知らなかったメンバーでキュンとくる人のことを覚えて帰ろう…と思ったら、めっちゃときめく子がいました。カントリーガールズの船木結さん!!!

 

アンジュルム/カントリー・ガールズ 船木結 ファースト写真集 『 結 MUSUBU 』

アンジュルム/カントリー・ガールズ 船木結 ファースト写真集 『 結 MUSUBU 』

 

なんかパフォーマンスしてるときの笑顔がすごくないですか? カントリーガールズは全体的に「ももち先輩の指導のたまもの!!!」という雰囲気を感じるのですが、船木ちゃんはそれをしみじみ感じるというか、かわいい顔、かわいいダンス、かわいい等身、でも歌はちょっとあだっぽいつんくソングをガッツリ歌うというギャップにグッときました。グッと来たので会場を出てすぐ「カントリーガールズ 黄色」で検索しました…(その日黄色い衣装を着ていた)。
今度はアンジュルムのコンサートにも行ってみたい!楽しみです。