読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオヤギさんたら読まずに食べた

インターネットで書いたことや考えたことなどをまとめます



汚部屋に不思議の汚部屋なし~汚部屋の歴史~

雑記

こんにちは、部屋がきれいな女です(3日目)。今のところリバウンドはしていません。維持してえ~~~。

私は定期的にインターネットに部屋の写真を上げていて、「そういや昔ってどんな汚い部屋だったんだっけ???」と思ったので検索してみたら、いろいろと見つかりました。

人生でいちばん汚かったのはたぶんこのときですね。

f:id:ao8l22:20160720043550j:plain

なんとガラケーで撮影。たぶん2010年とかその辺。

なぜか机の引き出しがベッドの上に乗っていたりと、完全にヤバイ部屋です。

これではダメだ……と一念発起して片付けたのがこちら。

f:id:ao8l22:20160720043521j:plain

ここに至るまでに、

・タンス

・でかい棚

・小さい棚

・収納ケース

という大物を捨てています。物をとにかく捨てまくって、収納も減らし、いわゆる断捨離をした感じです。

このあと一人暮らしを始めました。最初はこんな刑務所テイストの部屋でした。

f:id:ao8l22:20160720044830j:plain

が、まあ2年くらい経てば物はどんどん多くなるわけで……。2013年に戻ってきましたが、一人暮らし先での荷物を追加された部屋は大変なことになりました。

f:id:ao8l22:20160720043600j:plain

もうこれ何が何だかわかんねえな。

大問題としましては、収納を減らしてすっきりしたこの部屋には、溢れかえったものをどうにかできる方法がないことです。これ以降、片づけに苦しみ続けます。今思うと一人暮らし先での荷物全部捨ててくればよかったですね。

f:id:ao8l22:20160720043609j:plain

一念発起してなんとか床を発掘。ただし、見てわかるように、ベッドが魔窟になっています。この「ベッドの上にあるなにかよくわからないもの」をなんとかするのが異常に難しかった。

f:id:ao8l22:20160720043617j:plain

まあ、床とかすぐに見えなくなりますわね。捨てたタンスの代わりとして、一人暮らし先で使ってた衣装ケース(左奥)が加わっています。でもこれ押入れ収納用のやつなので、見た目もよくないし、こういうところで使うには使い勝手が悪い。

そしてハンガーにかけて服を収納できるスペースがない。これじゃ片づけが捗らないはずです。

f:id:ao8l22:20160720043626j:plain

がんばって床を作りますが…

f:id:ao8l22:20160720043635j:plain

この辺でギブアップ。ここでギブアップしたのはなぜかというと、「ベッド使わないし、ベッドの上にあるものよくわかんないし、もう疲れた…いったん休憩…」という流れです。もちろんベッドの上から腐海はじわじわと増えはじめ、また汚部屋に変わっていきました。

 

そしてこのエントリの一番最初の状態に戻る。

ao8l22.hatenablog.com

 

とまあ、こうやって振り返ってみると、なぜ自分が汚部屋なのか、なぜこの部屋は片付かないのかは自ずと見えてくるものです。当時は全然わかんないんだけど。

こういった観点から見ていくと、今の部屋はだいぶ片付けやすい部屋になってきました。でもだいぶ懸念点もある。

・将来的にはこの部屋で寝起きしたい。ただ、布団をどこにしまうのか?(一応クローゼットに空きはあるが、そこに果たしてしまえるのか?)

・クローゼットの残り容量が少なく、秋冬物を購入すると物理的にあふれる可能性が高い

・クローゼットの電球が切れたので、中の一覧性が著しく下がっている

まあだいたい不安に思っているのはクローゼットについてですね。

たぶんクローゼットが機能しなくなったとき、部屋に服が溢れはじめ、その服の小山から謎の物体が増えていき……という感じになると予想されるので、その前に対応策を練っていきたいです。

がんばります。

部屋の掃除を終わらせてわかったこと

雑記
部屋の掃除を終わらせました。長い、長い旅路でした。
f:id:ao8l22:20160718113036j:image
一番ひどくてこんな感じだった自室。ここからじわじわと掃除が進んだり退行したりしつつ、基本的には長いこと「部屋が汚い女」として生きていたわけです。
そんなこんなで先日26歳の誕生日を迎え、「今ならやり切れる気がする!!!」という神託を受け、部屋の掃除を終わらせました。
f:id:ao8l22:20160718113652j:image
かわいらしさゼロの部屋ですがこれでいいんや!!!すごい!!!部屋がきれい!!!モノにつまずかないで歩ける!!!
というわけで、部屋が汚い女オタクが「部屋の掃除を終わらせてわかったこと」をまとめます。

1.部屋の掃除は「終わらせる」ことが大事

これまでずーっとちまちま一進一退してて、で、昨日の夕方頃に急にモチベーションが上がり、8時間ぶっ通しで掃除をしていました。
8時間中何回かは「今日はもうこの辺でよくない???」と思うタイミングがあるわけです。床の面積が増えてきて、捨てやすいものや片付けやすいものを片したあとって、なんかよくわからないもの(謎のケーブルとか謎の紙類とか)にぶち当たり、脳が疲れてくる。
これまではここで諦め、そのよくわからないものからじわじわと腐海が広がり、また元の状態に…となってました。
この最後の「よくわかんないもの」をなんとかするのが本当に難しく、ラスト1区画(1畳分くらいのスペースに集まった謎のモノたち)をなんとかするのに2時間くらいかかった!!!
でもそれを乗り切るときれいな部屋が待っている!!!と思ってぜーはーしながら片付けました。

2.ちまちましたものを捨てるよりでかいものを捨てる

ビフォーの画像を見ていただくと、奥にベッドがあるのがおわかりいただける???かと???思います。
このベッド、LOFTで購入したまあ悪くないやつなんですが、全く使わなかった!!!
使わないのに部屋にあり、服の小山を培養し、やたらかさばっていたベッド。
掃除する際、これをなんとかしなくちゃいけないのが本当に苦痛で、挫折の大きな原因になってました。
そこで、思い切って捨ててしまうことを決意。ベッドを捨て、その代わりにニトリのでかめの本棚を買いました。

3.本は本棚に、服はクローゼットに

以前私は掃除アドバイザーの方にお仕事関係でアドバイスをいただいたことがあるのですが、その時にこんな会話をしました。
「私、オタクなので、一般的によく言われる『本の数を減らせ』とかが難しいんです」
「じゃあ、その本をちゃんとしまえるように、他のものを減らしていきましょう。大事にしているものを大事に収納できるようにしましょう」
この言葉を聞いて「確かに、どんなに『本が捨てられない』とか言っても、どこにあるかわからないし、見つけづらかったり、読もうとしたときに本の山が崩れるようだったら、それはもう『部屋の中に捨ててる』と同じなんだよな、大事にしてないよな…」と思ったのを覚えています。
なので、「ベッドで寝る」という選択肢を捨て、使い勝手の悪い棚を買い替え、本の収容量をとにかく増やしました。
で、本棚に本を入れていくと、まー片付く!!!
あと、そのアドバイザーさんにアドバイスをいただきながらクローゼットの整理をし、その中に服を全部入れられるようにしました。
服はよく「ハンガーにかけましょう」って言うじゃないですか。あれはマジですごいです。ハンガーにかけると服がみるみる片付きます。
今はハンガーのサイズがバラバラなんですが、ハンガーを細身のものにして統一すると収納量が増えるらしいです。
ちなみにこういう話をすると「収納が置ける広さがない」という話になる人がいると思いますが、その場合広い部屋に引っ越すか、トランクルームなどを借りるか、もしくはきれいにすることをサクッと諦めることがポイントだと思います。

4.片付けには金が必要

収納を作ったり、粗大ゴミを捨てたり、といった作業には、金が必要不可欠です。気の利いた家具やラグはそれなりにお値段もしますから、ある程度金に対する心の余裕があることが(特にズボラな人間にとっては)重要なのではないでしょうか。
もちろん100均やDIYなどを駆使して片付けを完遂することは可能ですが、正直それができる人間はそもそも部屋がそこまで汚くなりません(金の代わりに手間とセンスを投資している)。
手間とセンスを投資できない(しない、うまくできない)人間は、ちまちましたグッズを買うことでかえって事態を悪化させやすそう(自己紹介)。
それよりも無難にニトリとか無印良品の力を借りた方が初心者はよさそうです。

5.片付けなくたって死ぬわけではない

長いこと汚部屋ガールなのでつくづく思うのですが、別に部屋が汚くても死にません。生ゴミや段ボールを放置していなければゴキブリ等もでてきません。
じゃあなんで掃除をするのかというと、私の場合は「脳の負担を減らしたいから」でした。「この服どこだっけ」とか「この資料どこだっけ」が積み重なるストレスが、けっこう半端ないものになっているなーという感覚がありましてね!!!
あとは「部屋がきれいな私ってカッコいいのでは?」という自己満足です。
片付けは他者との共有スペースに浸入してないかぎり自己満足なので、やった方が利益になりそう…と思ったタイミングで走りきってしまうのがよさそう。

とまあ、これだけつらつら書いたわけですが、一週間後にはリバウンドしてしまう可能性もあり。
また後日「部屋どうなった?」エントリを書きたいなと思います。精神が荒んでいませんように。



フリーライターから港区OLになって3カ月で気づいたこと

雑記

これまで何年かフリーライター兼大学院生とかフリーライター兼非常勤講師みたいな生活をしていたわけですが、今年の4月から就職しました。Webメディアで編集記者(編集者やりながら記者やるやつ)をやっています(とはいえ現在はほぼ100%記者しかやっていませんが)。

オフィスは港区にありましたのでこれで私も港区キラキラOLですよ!!!ということで、港区で3カ月間過ごした感想をまとめます。

 

1.職場って仕事がしやすい

これまでフリーでやっていて、まあノマドっぽいことを気分転換ですることはあったり、編プロに詰めさせてもらって書いたり、ということはあれど、だいたい仕事をするのは家(しかも実家)でした。

実家で仕事をするメリットというのは、必要な資料がすぐに本棚から見つけられること、つらくなったらすぐに寝れること、気分転換の方法には事欠かないことです。

逆にデメリットは、必要以上に寝てしまう、オンとオフの切り替えがうまくいかない、必要以上に遊びやすい、家族から見ると遊んでるのか仕事をしてるのか見極めづらいので乗ってきたときに「夕飯食べにいかない?」と言われたり――などが挙げられます。

それに引き換え職場はすごい。いちおう仕事をするためだけに作られた場所なので、すごい仕事がしやすいです。裏を返せば気分転換をしづらかったり、泥沼になったときにドツボにはまりやすいといったことがありますが、そういうときはお昼を食べに行ったり無駄に階段を登ったり隣の人とインターネットの話をしたりでしのぎます。

あとは現状(まだぺーぺーなので)仕事の持ち帰りがしづらく/発生しづらく、退勤すれば仕事が終わり!続きはまた明日!となるのも気分がいいです。この辺は1年後には全く言ってることが変わるかもしれないですね。

 

2.人と1週間一緒にいるのが新鮮

ここ数年、同じメンバーと1週間過ごすということがほぼなく、しかも基本的に同じ時間から同じ時間までいるので、めっちゃ新鮮です。

たぶん合わない人だったらそれがすごくつらくなるのでしょうが、現在はすごく好きな人に囲まれているので楽しく過ごせています。

なお、逆に人が異動とか退職とかで変わってしまうのも会社ならではと思うので、その辺を楽しんで過ごせていければと思っております……。

ちなみに同期も好きなので「同期楽しいですね~」とインターネットの人にのろけたら「同期最高とか言ってんじゃねえよ殺すぞ」と言われて我に返りました。ありがとうぱぷりこさん。

 

3.ごはんはコンビニが多い

せっかく港区OLなのでキラキラのランチをキメる予定だったのですが、金もなく、なおかつみんなでごはんという部の文化もないので、コンビニごはんが大変多いです。塩分が多いのでまあむくみやすくなる……。

たまになか卯の和風牛丼を食べに行き、翌朝の体重増加に泣きそうになります。本当に体重増加がしんどい。どうやってるんだみんな体重の管理は???

 

4.本とか映画とかを見る時間をうまく作れない

本を読んだり映画を見たりするのも仕事のうちのはずなのですが、最近かなり量が減っています。でもこれはたぶん毎日飲みに行ってるからで、まっすぐ帰ってたらいくらでも見られる気がしますね。

可処分所得は平均とると増えたし、休みもとれるので、論理上はもっと遊べるはずです。遊びます。

 

5.仕事の単位が「原稿1本」じゃない

基本的に「原稿1本やる」とか「1ページやる」とかだったのが、1日に何をやるかとか、1週間で媒体全体でどうやっていくかみたいなことを考えるので、めっちゃ新鮮です。つまり「今週こういう面白い原稿を出せるけど来週はまだ用意してないから暇な今日のうちにいろいろやっとこ……」みたいなことを考える必要があります。

フリーライターのつらいことあるあるで、「打ち合わせの時間は原稿料に反映されない」みたいなものがあって、私もよく感じていたのですが、打ち合わせの時間が給料に含まれる分、考えなきゃいけないことが多くなるな~と思います。

(もちろん無駄な打ち合わせはしないようにこれからも気を付けます…)

 

めっちゃ普通だな。

なんと明日から港区OLではなくて千代田区OLになります。3カ月で退職…ではなくてオフィス移転です。また明日からもがんばります。あとコンビニごはん以外を極めたいです。