アオヤギさんたら読まずに食べた

インターネットで書いたことや考えたことなどをまとめます

インスタのフォロワー数も「いいね」も増えないのは、恥とプライドを捨てられないから

Instagramがグングン成長しています。という記事を本業で書きました。順調に400万人ずつアクティブユーザーが増えてきていて、しかも20代~30代半ばの女性ユーザーが多いということで、ビジネス的にも捨て置けない存在になっています。

「インスタ映え」というワードは一定層からは「(笑)」付きの扱いを受けていますが、どんどん一般化してきているというか、あるカテゴリのビジネスや趣味にとってはインスタを意識することがものすごいメリット(というか意識しないことがかなりのデメリット)になりつつあり、「(笑)」どころか「!!!」という感じになっているのではないでしょうか(わかりづらいたとえだな…)

www.itmedia.co.jp

こんな記事を書いているので、自分でもインスタを始めていて、せこせこ写真を投稿しているのですが、ま~~~うまく使えてません。カフェに行ったときとかかなり意識して写真を撮るようになったし、オシャレっぽい写真を撮れるように気にしている…つもりです。

しかし、ま~~~~フォロワー数が伸びないし、「いいね」も増えない。なんでだろう…と自問するまでもなく、答えはわかっています。

恥とプライドを捨てられていないのです。

 

見てくださいこの投稿を。

 

https://www.instagram.com/p/BZsOMoBHTKk/

鹿と夕日

奈良旅行で撮った鹿です。それなりにいい感じです。フィルターもインスタっぽいのではないでしょうか!?

最悪なのはキャプションです。「鹿と夕日」。ナメとんのか!!!!見ればわかるわい!!!!

 

InstagramにはTwitterでいう「リツイート」やFacebookでいう「シェア」の機能がなく、投稿が他者から見られるためには「タグ」を活用する必要があります。逆にいえばこのタグがついていない投稿は、フォローしてくれている人にしかほぼ見られずに去っていくわけです。

身内に向けてそーっとアカウント運用したいならそれで構わないのですが、私の自意識としては「ちゃんとインスタアカウントを使ってみたい」みたいな気持ちがあるのですね。だったらちゃんと使えや!!!と我ながら思うのですが、この最悪のキャプションをつけるまでに至った私の気持ちの流れをご紹介します。

「旅行たのしかった~!いっぱい写真も撮ったしインスタに上げるか…」

「キャプション… #奈良 #鹿 #若草山 #旅行 #夕日 とかつける…?」

「なんか……ただの旅行の投稿にこんなにタグいっぱいつけるの、本気っぽくてちょっと恥ずかしい気もしてきたな…」

「きれいだった!とか最高の夕日!とか書くのもな…自分で言う?ってなるかな…」

「…よし! 鹿と夕日!」

だいたいこんな感じだった気がする!!!

 

でもこの恥じらいがすでに恥ずかしいんですよね。Twitterで言えば「FF外から失礼します」とか「挨拶リプライし忘れてすみません!」とか「リツイートさせていただきます!」みたいなもんで、そんな遠慮する暇あったら適当にリプライ飛ばしたりリツイートしたりしましょう!誰も気にしてないんだから!みたいなもんです。私のインスタの投稿についてるタグの存在なんて誰も気にしてない。なぜならインスタはそういうSNSだからです。

なのにインスタのタグ付けをためらってしまうのは、ただなんとなくの恥ずかしさや、フツーの写真をフツーに投稿することのダサさを自分で認め切れていないからだと思います。そっちのほうがよっぽど恥ずかしいってわかっているのに、クソダサ行動をしてしまう。

 

SNSの使い方については、最近読んだゆうこすの本が素晴らしかった。

SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方

SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方

 

 

ゆうこすは一時期AKB48グループ関連を見ていた人にはかなりいろんな思い出があるのではないかと思いますが、今は「モテるために生きている」をキャッチコピーにし、若い女性から支持を集めています。

この本は「キャッチコピー(キーメッセージ)を決める」「そのブランドを一貫する(ブレると失敗する)」「各SNSの使い分け(メッセージの最適な出し方)」とかなりマーケティング的なエッセンスがあって超面白いのでお勧めなのですが、インスタに関しての記述がマジでクレイジー。

 

(前略)でも、インスタを使えば自分一人で、しかも無料で私だけの雑誌が作れるのです。素晴らしいメディアだと思いませんか?

インスタのフォロワーは、「私のファンではなく、私が発信する情報のファン」ということも常に忘れないようにしています。

その人たちにとって「見る意味のあるアカウント」になるように発信するのです。具体的には、コスメ、ファッション、食べ物、どれについて投稿するにしても、必ず「モテ」の観点を入れること。

(中略)

私は画像確認専用の鍵アカウントを用意して、毎回テストしています。本アカウントに投稿する前にそこにアップして、全体のバランス(※自分のアカウントページの一覧のバランス)が悪くないか見るのです。

 

 

そこまでする!?と叫びました。つけるタグもこだわりぬいて、必要なタグを適切な分入れる。全体のバランスにまで気を配る。インスタ映えを本気で考え抜いて勝ちに行っている人は、考えてることが全然違うし、かっこいいな~と読んでて思いました。

ゆうこすは他にも「各SNSで発信する側面を変える」という話もしていて(Twitterもインスタもブログも動画も見てもらうためには、違う情報や違うゆうこすの側面を見せないといけないからという考え)、その考え抜かれたチャンネルの切り替えに震えました。

ほわ~っと「Twitterでは書いてない日々のちょっとした楽しい瞬間を投稿しよう、ついでにフォロワー数もそこそこ増えたらイイナ」とか言ってる場合じゃなかった。

 

恥とプライドを捨てきらないで「このSNS流行ってるけどなんかついていけないな~」とやるのはマジでダメだと思うので、できるかぎり挑戦してみたい。でもすごい抵抗感がある。ゆうこすはすげえや……という話でした。ゆうこすはすごい。