アオヤギさんたら読まずに食べた

インターネットで書いたことや考えたことなどをまとめます

僕たちがナンパをする理由

これはフィクションなんだけど、井の頭線渋谷駅を通過しようとしたその瞬間、声をかけられた。「お姉さん今帰り?友達と飲んでたの?俺もそうなんだよ」。お手本のようなナンパだった。

これは悪癖のようなものなのだけど、ナンパをされたとき、確実に帰れる時間の余裕がある場合は時折ついていく。適当に話を聞くこともあるし、「ナンパ師に興味があるのであなたのことを教えてほしい」と話す場合もある。その日の気分は後者だった。

「ねえLINEやってる?教えてくれない」「ツイッターのアカウント教えてくれますか?」「やってないよ」「お兄さん、30分だけ時間ありますか?」「え、あるけど」「じゃあ、30分だけ飲みましょう。あなたの話に興味があるんです」

そう言って入ったビアバー。黒縁メガネの男性は、29歳で、コンサルをやっているという。荷物は持っておらず、飲み会帰りのようでわずかに酔っていた。

「あなた、なんなの?」

「個人的にナンパ師に興味があって。名前教えてくれますか?」

「嫌だよ」

「じゃあ斉藤さんって呼びますね。斉藤さんは普段からよくナンパをしているんですか?」

斉藤さんは「なんなの」と言いながら、それでも黙りこくったりはしない。

ナンパは酔うとたまに。打率はそこそこ。改札の前が最近調子がいい。友達のほうがよくナンパをしてる。場所はコリドー街とかそのへんで。ナンパをしてる理由? そんなの性欲だよ。俺たちの友達みんな、いろんな女の子をヤリ捨ててる。

「でも、斉藤さん、普通にかっこいいし、普通に女慣れしてるじゃないですか。彼女もいますよね?」

「うん、まあ、そりゃいるよ」

「性欲を解消したいなら、彼女とかセフレとか、わざわざ見知らぬ人相手にしなくても、継続的な相手のほうが楽ちんなんじゃないかと思うんですけど。刺激が足りないとかそういう?」

「…わかってないなあ。俺たちがナンパをするのは、男に自慢したいからだよ」

斉藤さんはちらりとスマホに視線を投げる。

「LINEグループがあるんだよね。そこに、ナンパが成功したらみんなシェアしてる。女の子の写真を隠し撮りして、やってるときももちろん撮って、そのグループに流してる。こんな可愛い子とやったよ、こんな可愛い子をやり捨てしてやったよ、こんな可愛い子をセフレにしたよって自慢する。それが楽しくてナンパをしてるんだよ」

茶化すのは控えた。

「教えておくけど、ナンパに着いてったら、絶対無音カメラで盗撮されてるよ。ハメ撮りとかも絶対に撮られてるし、LINEのやり取りもスクショして流してる。お姉さんLINEの登録名本名にしてる?もししてたら、俺たちはその子のFacebookを検索してみんなで共有する。この子ビッチだなあって盛り上がっておもちゃにしてるんだ」

「斉藤さんもやってるんですか?」

「俺はしないよ。どっから流出するかわからないじゃない」

「斉藤さんもハメ撮りを?」

「俺はしないよ。別に男に認められなくてもいいし」

「嘘つきだなー」

「うん、これまで言ったことは全部嘘。他に何か聞きたいことある?ホテル行こうか?」

「私の写真も撮るんですか?」

「撮らないよ。行く?」

「嘘つきだなー。既婚者だから行きません」

そろそろタイムアップだった。もう斉藤さんの心のシャッターはしっかり降りていて、本当らしいことは何も聞けそうになかった。残りの約5分間はどうでもいい話でクロージングだ。

「最後に聞きたいことがあるんですけど」

「なに?」

「ワンピースとジョジョは何編が好きですか?」

「ワンピースは空島。ジョジョは2部」