読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオヤギさんたら読まずに食べた

インターネットで書いたことや考えたことなどをまとめます

映画デートのときに望ましくない行動をまとめた「映画しぐさ」について考える

私はオタク女で、恋人や友人と一緒に映画を見に行くのが選択肢に上がることが多い。こないだ「シャーロック 忌まわしき花嫁」を友人のひらりささんと見に行った帰り、「映画デートの時に望ましい行動ってけっこう考えると難しくないですか」という話になった。

映画は1時間から2時間半くらい、(ほとんどの場合)一言もしゃべらずに2人で並んで座るという奇異な時間だ。映画が死ぬほど面白ければ気にならないのだが、ちょっとした相手の行動が目につきやすいということはわりとある。

自分がやってしまう、相手がやってしまう、映画しぐさ。己のことはまるっと棚上げして書いてみる。※なお私は月に映画館に行くのは1〜5回くらい、年20〜30回というくらいのライトな映画ユーザーですのでヘビーユーザーの人にはピンとこない話かと思われます

 

席予約

新宿の映画館に特有だが、事前に予約することが必要になってくることもある。そこで、

・通路を挟んで隣り合う席を予約する

・そこそこ余裕があるのになぜか最前列を予約(※舞台挨拶などのイベントではない)

・そこそこ余裕があって1席あけて予約できそうなのに横のカップルにくっつく形で席を予約

すると人によっては「ん?」と思われるっぽい。まあカップル(友達)のうち予約にこだわりがある方の人が予約したほうが無難。

 

映画館選択

これマジで新宿の話でしかないので新宿で映画を見ない人には全く気にしなくていい情報だが、同じような上映時間で同じ映画をやっているのにバルト9やTOHOシネマズではなくピカデリーで予約を取る人は、お前あのロビーに耐えられるの!?!?と聞きたくなってしまう。

レディースデーとかの関係だったらしょうがない(バルト9にレディースデー割引はない※追記:すいません去年から始まったようです)んですけど、極力ピカデリーには行きたくない……。ただとある女性は「バルト9のほうが動線悪くないですか?」と言っていたので映画館の好みは事前に共有しておこう。

 

上映中に寝る

つまらない映画の場合はいい。激しいアクション映画で寝たりすると「疲れているのかな」「つーかよく寝れるな」となる。どちらにせよいびきオプションが付くと最悪。

 

上映中にトイレに行く

これ私は気にならないが嫌がる人はいる。話がわからなくなることもあるのがよくないのかな。

とある女性は「映画に行くと『トイレに行きたくなったらどうしよう』という恐怖でトイレが近くなる。『風立ちぬ』の電車のシーンで『これはしばらく物語が動かなそう』と思ってトイレに行ったら関東大震災が終わっていた」と言っていた。トイレの間に関東大震災が終わる女、いい。

 

飲食物を買う

静かな映画や短い映画やグロい映画でポップコーンを買う人は私は苦手なんですが、でも映画の度に飲食物を買うのがマナーだと思っている人もいるので、事前に共有しましょう。

 

飲食物の食べ方

とある女性は「向こうが買ってくれた食べ物を向こうが先に食べる前に食べてしまって、あ~しまった!と思った」と言っていました。いわゆる最初の一口は買った相手に譲るのがマナーだと思っている人もいるので事前に共有しましょう。

 

映画中の独り言

映画中に「そうきたか~!」などコメントを言う人がいて(ちなみにアメリカ人は普通に「ワオ!」とか「オーゴッド」とか言いまくる)、中には言っていると気づいていない人もいるので、気になる場合は「コメント言ってるけど気づいてる?」と聞くかキンプリの応援上映などに連れていって思う存分コメントを言ってもらおう。

 

映画中のいちゃいちゃ

映画デート=いちゃいちゃだと思っている人は一定数いる。暗いし。映画中に手をつないできたりキスをしようとしたりする(むしろするのが当たり前、映画デートというのはそういうもんだと思ってる)人もいる。事前確認してどの宗派かつきとめましょう。

 

スタッフロールを見るか見ないか

スタッフロールを見ずに映画館を出ていく主義の人と、どんな映画でもスタッフロールを見る主義の人がいて、両者はなかなか相いれない。ただアメコミ系の映画だとスタッフロール後にもうあとワンシーンあることが多いので(あとアニメだと次回作の予告があったりもする)、前者の人と映画に行く場合はその情報を伝えておこう。

 

映画が終わったあとの感想戦

終わったあとに感想を言い合いたいタイプと、「楽しかったね!」くらいで終わらせたいタイプがいる。

あとそもそも「せっかく一緒にいるのに二時間話せないのはもったいないから別々に同じ映画を見ておいて一緒にいるときに感想を言い合いたい」というタイプもいる。私は「映画はひとりでも見に行くけど映画を見に行く日とデートの日を一緒にできるのはお得」という感覚なんですが言っていることはわかる。

ちなみに感想を言い合いたいタイプの場合、「お前その感想ツイッターの丸コピじゃん」と思うとカチンと来る人と、「いや~ツイッターに書いてあったとおりだったね!」と笑い合いたい人がいる。

感性が合う人といくのが一番楽である。

 

パンフレットを買うか買わないか

パンフレットを絶対に買う派、中を見てから買う派、気に入った映画だったら買う派、絶対に買わない派がいる。が、これはもうさすがに「自分の金だし好きにしよう」という範疇かな……。

 

なんかまだまだありそうだけど、結局「どういう人か事前に知っておこう」と「できるだけ好ましい人と行こう」と「ん?と思ったときにその感覚を共有しよう(もやもや思っているだけでは相手に伝わらないしうっとうしい)」ということに尽きてしまう気もするな。

映画しぐさ、これがないよ!というのがあればブコメなどでぜひ教えてください。

 

***

追記

「映画しぐさ」とはもちろんなんとなく雰囲気的に「江戸しぐさ」を思い出してほしい感じのネーミングなのですが、まさにそれっぽい雰囲気で映画しぐさを書いてくださったエントリがあるのでご紹介します~~~。

eigatitle.hatenadiary.com

真の映画好きが全員時の政府に殺された未来でこれだけが口伝として残って現代によみがえってほしい。