アオヤギさんたら読まずに食べた

インターネットで書いたことや考えたことなどをまとめます

ブスコンプレックスがだいばくはつした話

ここ数日、ブスコンプレックスが大爆発して結構自分の中でユリ熊嵐って感じだったんですけど(全くうまくない)そのブスコンプレックスとなんとかうまくやっていくためにブログを書こうと思います。

 

きっかけはこのへんの記事。

恋愛工学が謎タームばかりでめっちゃキモ面白い件 - 青柳美帆子のまとめ

恋愛工学のエントリを書いて、こんな反応をもらったよまとめ - 青柳美帆子のまとめ

で、様々なアカウントがこれに関して反応をくれたんですが、藤沢数希さんの恋愛工学メルマガでもこちらのブログに関して取り上げられていて(それにまつわる村上ガギグゲゴさんのブログも)、「恋愛工学受講生はこのような指摘にどう立ち向かうべきか」という指針が授けられていました。

 中には、恋愛工学を私に使ってくる男がいたら、こうやって撃退してやる、と息巻いている女性アカウントもあった。それを見て、恋愛工学は【中の上】以上の女に対するものだから…、と心のなかでつぶやいたユーザーも多かっただろうが、まさにそれが正しい紳士の態度というものだ。つまらないことを口にして、要らぬ災いを招くべきではない。心の中にそっとしまっておこう。

 余談だが、そうやって恋愛工学を敵視している女性ほど、けっこうセックスさせてくれるものだ。これはデート中に「今日はセックスしないよ」という女子の言葉が、どれほどセックスに近づいているかを暗示していることと同じだし社会学者や弁護士が可能性が1%ほどの事柄をYes-or-Noの文脈に置き換えてあたかも半々で起こりうるかのように錯覚させるレトリック*に自らハマってしまっているからだ。女子にとってほとんどの男とセックスする可能性など最初から1%もないのだが、恋愛工学を表面的に非難することにより、恋愛工学を使ってくる男との関係は、セックスするかしないかの二者択一の問いになってしまう。

(中略)

 科学的精神に支えられた、合理的な考え方を持ち、自主独立の精神を持つ誇り高き恋愛プレイヤーたちに、自分だけは違うと誠実ぶり女たちに媚を売る批評家や2チャンネラー、Twitter民たちの攻撃は、かすり傷ひとつ付けることはできないだろう。

このメルマガが配信されてからというもの、恋愛工学受講生は「恋愛工学に反論する女は中の上以下の非モテ、男は女にいいカッコしたいだけのヤツ」という考えが強固になり、まあいろんな人に「どうせブスの言ってることだし、相手にしなくていいよ^^」という感じのことを言われまくっていました。(個人的に面白いなーと思うのは、女性からの批判が多い、という話から始まっているのに、なぜか男対男の戦いの構図に自然に置き換えられていて、なるほどなって思います)

それはまあ、ある程度しょうがない。先に「キモい」という攻撃的な言葉を使ったのはこちらなので。

ただめっちゃつらかったのが、この批判がPUAクラスタのほうに広まり、そちらでも「この批判をしているのはどうせブスか非モテ」という論旨で共有されはじめたことです。で、最終的にはPUAでも恋愛工学クラスタでもない男性に「この人の写真、SNSで見ましたけど、非モテオーラ満載ってかんじでしたよ!ブスでした!」みたいな感じにサクッとブスを確定させられてしまいました。ニャーン!!!

私はそれに自分でもびっくりするほど傷つきました。で、傷ついたという反応に「被害者面してる」みたいな反応ももらったんですけど、まあ確かにそう見えてもしょうがないんですけど、恋愛工学やPUAの人たちにブスって言われるのはよかったんですよ。でも、無関係の人に、あまりにもあっさりと言われたのがめっちゃつらかった。

なんでつらかったのか、ちょっとまとめてみます。

 

1.もともとブスコンプレックスを持っている

以前から表明しているとおり、私は外見的にはそんなに優れていなくて、初対面の人に「印象に残らない顔だね~」と言われたり、高校時代のクラスの男の子に「男の子たちのお泊り会で女の子のかわいいランキングつけてて、お前の名前をみんなあげてなかったけど、俺は性格の良さを評価して名前をあげてやったよ!」と言われたり、付き合っている人に「お前は客観的に見たらかわいくないけど、俺にとってはかわいいから!」と言われたりしています。

大学に入って化粧とかするようになったけど、それでも石原さとみにはなれないわけです。なんかかなり中庸な顔なので、100人いたら30人がブスといい、50人が普通といい、15人が頑張ってる方といい、5人がよく見たらかわいいと言ってくれる、それくらいのレベルです。

ブスって言われ慣れてるけど、道端ですれ違った人に「ブース!」って言われたような、そんな気持ちでした。

 

2.ブスでも強く生きていこうと頑張っていた

私は小学生の頃はなんか大仏みたいな顔をしていて(ビビる)、小学校高学年のときにはすでに「私は顔では社会と勝負できない」と気づいていました。幸運にもそれなりに勉強ができたので、超進学校に進学しました。

が、進学校には、顔もいいし頭もいいという女の子がいるわけで、その世界では真っ当にやってたら死んじゃうわけですよ。なので何をめざすかというと、コンテンツとしての面白さを成長させようとがんばりました。

ライターも、「美人だったらこれについて書けるのに!!」と思うこともいっぱいありますが、むしろ不美人だからこそ書けることもあり、あと美人なライターさんは美人ゆえに嫌な思いをしているという話も聞き、まあそういう顔面評価世界には積極的には関わらないようにしてきました。

が、通りすがりの人はそんなこと気にしてくれない!パッと見て「ブスじゃん!」と言う!それだけで大ダメージ!ニャーン!!!つら!!!となりました。

 

3.そもそも、ブスがこれを言ってもいいじゃん

これはTwitterで他の方が言ってたことなんですけど、「男はみんなATM!たかるだけたかってあとはたまーにセックスしてあげるだけでもOK!」みたいなことを言ってる女性がいて、それに対して「その言動はキモい!」と言った男性がいたとして、ブサイクは黙ってろよ!ってなるの、変じゃないですか?

ブスでもブサイクでも物を言う権利はある…。今の世の中、男女にまつわることって、美女かモテる女性、もしくはモテ/非モテから一歩抜けだした女性(既婚者や、母親、恋愛市場に参加することをやめた女性)しか発言しにくくなっているような…つらいぞ…

 

4.ブスコンプレックスは業が深い

ブスコンプレックス、ずいぶん前から抱えているので、たとえばその時々で付き合っている男性が「かわいい」とか言ってくれたりするんですよ。で、「この人にかわいく見えてればそれでいいのかも」って思ったりして、ちょっと自己肯定できそうになったりするんですよ。

でももうダメですね!通りすがりの人に「ブス」って言われただけで、「はい~~~~ブスでした~~~~(心が萎えていく音)」ってなる。贅沢な話で、どんなにフォローしてもらっても、もう自分が自分のブス性を力強く信じちゃうんですよね!

これ、フォローしてくれる相手にとっては鬱陶しいこと限りないし、外見ブスどころか性格ブス的言動にもなるので、はやくなんとかしたい!

 

いまブスコンプレックスがマジで暴れまわっていて、油断すると口からヒョロ~って出てくるんですけど、なんとか折り合いをつけて生きていければいいなと思います。このタイミングで見る「かぐや姫の物語」はあまりにもつらかったです。


今夜金曜ロードSHOW「かぐや姫の物語」。高畑勲監督が答えていた「姫の犯した罪と罰」とは - エキレビ!(1/3)